按摩・マッサージ・指圧・整体・鍼・灸など各施術院やカイロプラティック・リフレクソロジーの売上げを増やします

経絡

経絡

経絡と言うと、経絡図でみる経穴の連続ということになり、一般的に「ツボ」といわれるものです。
マッサージ、指圧法、リンパマッサージ、体操、ストレッチなどの治療をする針灸や指圧の医学的な施術をしている方は十分なじみのある言葉ではあるが、一般的には経絡という言葉自体聞いたことがない人の方が多く、「ツボのこと」と言ってもらってようやく理解できるのが現状だと思われます。
以下に経絡と経穴の定義(解説)をウィキペディアから引用しますのでご覧ください。

<経絡>
経絡 (けいらく) の経は経脈を経絡の絡は絡脈を表わし、古代中国の医学において、人体の中の気血榮衛(気や血などといった生きるために必要なもの,現代で言う代謝物質)の通り道として考え出された。
経脈は十二の正経とよばれるものと、八の奇経とよばれるものがある。
正経は陰陽で分類され、陰は太陰、少陰、厥陰の三陰に、陽は太陽、陽明、少陽の三陽に分けられ、手、足それぞれに三陽三陰の属する経脈が割り振られて計十二脈になる。
そして、陰経は臓に属して、陽経は腑に属する。奇経の中で任脈、督脈以外は経穴を持たず、正経の中の2、3経に連なって走行している。任脈、督脈だけは独自の経穴をもっている。経脈には経別と呼ばれるものもある。
絡脈は十五絡脈とその他の絡脈、その中でさらに分かれて小さくなった孫絡がある。
その他、五臓六腑を纏わない経筋と呼ばれるものもある。
上記全てをあわせて、経絡という。

<経絡一覧>
正経
奇経
要穴

耳穴
反射区

経脈
絡脈
経別
経筋

奇穴

<経穴>
経穴 (けいけつ) とは、「気と血」のエネルギーの通り道である経絡上に点在し、その経絡をつなぐ点のこと。一般的にはツボと呼ばれる。鍼灸で施術することにより様々な作用を表わす。

皇甫謐の『鍼灸甲乙経』では経絡上に配置されている。楊継洲の『鍼灸大成』で理論的に書かれた。

王執中の『鍼灸資生経』ではツボの部位とその主治、鍼灸法や取穴と治療法などが記載された。

経穴には正穴と奇穴があり、正穴は14本の経絡(任脈、督脈と12正経)に属し、滑寿の『十四経八揮』によると354穴が全身に存在する。WHO[1]では1989年、奇穴のうち7穴を14正経に所属させて361穴とした。奇穴も250穴以上ある。

日本の鍼灸養成施設(海外の鍼灸養成施設はWHO方式を採用)で用いられている経絡経穴の教科書は、古法に基づいて行おうということでWHO方式ではない。例えば、督脈は27穴(WHOでは28穴)、膀胱経は63穴(WHOでは67穴)、胆経は43穴(WHOでは44穴)、肝経は13穴(WHOでは14穴)である。

また、経穴の呼び名も違っている。胆経の客主人穴は日本の鍼灸養成施設では使われているが、海外やWHOでは上関穴として使用されている。懸鐘穴は絶骨穴という別名もあるが、鍼灸養成施設、WHOともにそのまま使用している。

武術でいうところの活殺点である。

経穴の場所の多くは関節、筋溝、腱上、腱下、骨縁、骨端、骨孔、動脈の上や静脈の上、神経の上部にあたる部分に存在しており、実際に取穴した際に指頭を使って経穴部位を確認する。疾病の際にその部分に様々な病態変化が起きるので指頭で探ることにより圧痛があったり、特異な響きが出ることがある。これを内臓皮膚体表反射という。逆に鍼灸等を用いて刺激することにより治療を行ったときに出る現象を皮膚体表内臓反射という。

<ウィキペディアから引用>




<スポンサードリンク>

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional